新しくなったワンステップ排卵検査薬クリア - 妊活ニュース

ワンステップ排卵検査薬のバージョンアップによって生まれた「ワンステップ排卵検査薬クリア」

新しくなったワンステップ排卵検査薬クリア
- 妊活NEWS -


従来品においても高感度と低価格の品質を誇るワンステップ排卵検査薬が、いくつかの改良により妊活サポートアイテムとしてより活用しやすいものとなりました。

新しい製品名は、「ワンステップ排卵検査薬クリア」。

その大きな特徴は、「判定が容易で迷う必要がなくなったこと」、「感度がアップしたこと」の2点です。これらの特徴を踏まえた上で、ワンステップ排卵検査薬クリアの活用方法を簡潔にご説明致します。

ワンステップ排卵検査薬クリアは判定が容易

従来のワンステップ排卵検査薬では、コントロールラインと呼ばれる基準となる線の色の濃さと、テストラインと呼ばれる判定のための線の色の濃さを見比べる必要がありました。

コントロールラインとテストラインの色の濃さが同じか、テストラインの方が濃いと判断できれば、結果は陽性であると判定できます。しかし、それでは微妙な色合いの違いを見比べることになりますから、いまいち判定がしにくい場合もありました。

新しくなったワンステップ排卵検査薬クリアでは、コントロールラインとテストラインの色を見比べる必要がありません。テストラインが出現すれば、たとえ色が薄くても陽性と判断することができるようになったからです。

よって判定の曖昧さがなくなり、迷うことなく排卵期に差し掛かったことを確認することができるのです。

ワンステップ排卵検査薬クリアは感度が向上

判定のあいまいさがなくなっただけではなく、ワンステップ排卵検査薬クリアでは感度も向上しました。

従来品の感度は「25mIU/ml」。これでも十分に感度の高い製品だったのですが、新しいワンステップ排卵検査薬クリアの感度は「20mIU/ml」であり、現在アメリカでトップを誇ります。

これにより、いち早く排卵の前兆を捉えることが可能となり、より時間にゆとりを持った計画や予定を立てることができるようになりました。

現在では、タイミングを取るのは排卵日ではなく、排卵日の2日前がベストだということが知られています。2日前を起点にその前後1日と排卵日を含めた3日ないし4日間ほどが、私たちが一周期の間に与えられているチャンスの日数です。

排卵後では妊娠の確率が下降することを考え合わせると、排卵検査薬を使う目的は排卵日当日のタイミングを知るためではなく、排卵前を示す前兆を逃さないためだということが分かります。

ところが、これまで私たちが排卵検査薬で知ろうとしてきたのは、排卵日の直前(24∼36時間前)というような、ごく限られた時間でした。排卵日前に余裕を持ってタイミングをはかるためには、排卵日の前兆を前もって知ることができる感度が必要です。

つまり、排卵に向けて上昇を始める黄体形成ホルモンの急上昇時だけではなく、分泌量が増加し始めるタイミングを知るために、新しいワンステップ排卵検査薬クリアにて感度の向上という改良を加えたのです。

ワンステップ排卵検査薬クリアで排卵期の始まりを知る

これまで多くの排卵検査薬では、陽性反応が見られたら、「もうじき排卵なのでタイミングを取りましょう」という使い方が一般的でした。

しかしそれでは、排卵の前兆を知ってから排卵までの余裕が乏しいだけでなく、妊娠の確率が高いと言われる排卵の2日前を逃しがちといった課題がありました。

新しくなったワンステップ排卵検査薬クリアでは、「陽性反応が出た=タイミングの取り時」ではありません。

ワンステップ排卵検査薬クリアではじめに陽性反応が出たときに読み取れるメッセージは、「黄体形成ホルモンが微妙に上昇し始めているので、そろそろ準備を始めてくださいね」というものです。

薄い陽性反応を見たら、体調を整えたり、仕事の都合を片づけたりして、ゆったりとした時間を作る準備をしましょう。

陽性反応は次第に濃くなり、ピークに達し、そして排卵に至ります。陽性反応が出始めてからピークに至るまでの時間には個人差がありますから、正確に身体のリズムを把握するためには、小まめに検査を繰り返す必要があります。

そうすることで排卵期の始まりはいつなのか、ピークに向かうまでの特徴、そして排卵の2日前はいつなのかを知ることができます。排卵期の始まりを知ることで排卵日までゆとりを持って過ごすことができ、適格なタイミングを取る機会を増やすことが可能になるのです。

新しいワンステップ排卵検査薬クリアのまとめ

感度が高く、判定にあいまいさがないワンステップ排卵検査薬クリアは、排卵期の始まりを捉えることができます。

ワンステップ排卵検査薬クリアを有効に活用することにより、排卵日までの時間に余裕が持て、パートナーと時間を合わせる機会も増え、妊娠確率が最も高い排卵日2日前を逃す機会を減らすことができます。

ただし、排卵検査薬は必ずしも感度が高ければ良いというわけではありませんのでこの点には注意が必要です。

感度が高すぎると「濃い陽性反応が長く続いてしまう」といったこともあるからです。ホルモンの分泌量がもともと高めであれば、ラインの濃さに変化が感じられず、使いにくいと感じる方もいるかもしれません。

繰り返しますがワンステップ排卵検査薬クリアで逃したくないのは排卵日の2日前です。その前後日も含めて3日程あるチャンスを有効に使うために、薄い反応でもはっきりと陽性反応だと判断できるように改良されています。

この製品特徴をしっかりと踏まえた上で、新しくなったワンステップ排卵検査薬クリアをご活用ください。